HOME
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ  
製品紹介
幼稚園・保育園用品
小学校用品
中学校用品
会社案内
リンク
代理店のホームページ
役立つリンクリスト
> HOME > [製品紹介] 小学校用品 ー算数さんすうぼっくすすうかあど・くらいどり台紙
さんすうぼっくす すうかあど・くらいどり台紙
◆教材の利用方法を掲載しています◆
※セットにより内容が異なる場合があります。
すうかあど・くらいどり台紙

数字のかいてある「すうじかあど」、ドットの描かれた「すうずかあど」、「+」「−」「×」「=」「<」「>」の記号カードのセットです。
カード教材の裏面にイラスト等を印刷したものがありますが、その場合子供達は授業と関係なく、裏の方に気をとられてしまいがちです。そこでカード教材はいずれも片面のみ使用するようにしました。これは、少しでも子供達が授業に集中できるようにとの、現場の先生方のご希望を取り入れた結果です。
新型ロックケースを採用しました。

この教材をつかった指導方法

すうかあど・くらいどり台紙  
数の基礎
<数字の読み方、書き方の指導>
もの―おはじき―数図カード―数字カードと対応させて数を理解させます(おけいこばんやおけいこばん台紙も利用できます)。
すうずかあどは具体物と数との橋渡しの役目をします。もの―おはじき、ぶろっく―数図カード―数字カード、と対応させる場合の重要な役割を任っています。
数の初期指導では、おはじきみっつのあつまりを「さん」といい、「3」と書く、と教えます。数の指導をていねいにすることが大切です。
以下同様に…4は「し」・「よん」と読むことがあること、7は「しち」のほか「なな」と読まれていること、5、7、8、9の書き方(教科書を参照してください)、書き終わりをハネずに止めることもきちんと教えます。

すうかあど・くらいどり台紙  
数あてゲーム
<数を認識する>
点の並んだカードを見て、数を直感的に答えるゲームや、複数枚のカードを渡して順番に並べるゲームをおこないます。まずは1枚ずつ見せて、答えがパッと言えるようにさせましょう。慣れてきたら、カードを見て、10の補数をパッと言うゲームにします。できるようになったら、次は2枚ずつみせて、答えがすぐ言えるようにさせましょう(最初はあわせて10以下の練習からはじめるとうまくいきます)。
ひとりでのゲーム方法としては、1から9までのカードを伏せておき、めくってはすぐ補数をいう、という方法があります。ストップウォッチや砂時計を置いておこなうと、励みになります。
数字カードと数図カードで神経衰弱をすることもできます。

すうかあど、くらいどり台紙  
大小あてゲーム
<数の大小、順序、系列を理解する>
0〜9のカードをかくし持たせ、1枚ずつ出してどちらが大きいか競うゲームをします。大きい方を勝ちとし、勝った方がおけいこばんにおはじきを並べ、勝敗を競争させます。また、3枚のカードを任意に取りだし、小さい順に並べさせます。4枚・5枚…といろいろ並べさせましょう。
10より大きい数のカードを用いて、大きな数の構成を教えます。
+、−、×、=の記号カードを用いて、たし算・ひき算・かけ算、式について教えます(おけいこばんも併用できます)。おはじきや数図カードなどの具体的なものから、式に表すことをカードを使いながら説明しましょう。

すうかあど、くらいどり台紙  
くらいどりばんを利用してかぞえる
<大きな数を理解する>
くらいどりばんの上に、かぞえぼうの束か、10本のカードとばらのかぞえぼうを置きます(おはじきは不適です)。かいものごっこでは、お金を使います。「34と43では、10の束の数がおおい方が大きいね」などという指導もしながら、大きな数をかぞえる練習をしていきます。100より大きい数の指導には100のかぞえぼうのモデルもあるので、それもあわせて利用します。

すうかあど、くらいどり台紙  
新学期イメージ
 
 
copyright