HOME
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ  
製品紹介
幼稚園・保育園用品
小学校用品
中学校用品
会社案内
リンク
代理店のホームページ
役立つリンクリスト
> HOME > [製品紹介] 小学校用品 ー算数さんすうぼっくすおはじき・おはじきケース
さんすうぼっくす おはじき・おはじきケース
◆教材の利用方法を掲載しています◆
※セットにより内容が異なる場合があります。
おはじき・おはじきケース
おはじき・おはじきケース

この教材をつかった指導方法

 
数の基礎
<数字の名称、書き方の指導>
教科書の情景画などを用いて、絵にかいてあるのと同じだけのおはじきを並べます。
  たとえば、図のようにおけいこばん台紙のねずみの上におはじきをならべ、おはじきの数をかぞえて、「このかずを5という」と教え、数字カードで5のかき方を理解させます。1、2、3、4、…と順番に数の範囲を広げていきましょう。
数字のかき方はノートで練習させます。書き終わりをハネないでとめることも教えます。

おはじき・おはじきケース  
数当てゲーム
<数字の組合せに対する理解>
5この青いおはじき(磁石のついてないもの)をケースに入れて、ふたを閉めて横(水平)に振り、透明の窓をのぞいて、入っているおはじきの数から隠れているおはじきの個数を当てる、というゲームをします。または、五個のおはじきのいくつかを握って残りを見せ、握っているおはじきの数はいくつかあてさせます。
これらのゲームを通じて、5はわけると1と4、2と3・・・ということを理解させます。慣れてきたら5以外の数のおはじきでもゲームをしてみて、数についての理解を深めましょう。すばやくいえるようになったら、ノートも利用して、数への理解を深めましょう。

 
たしざん、ひきざんに利用
<具体物と式の対応からの学習>
教科書の絵と同じ数のおはじきをならべさせ、数えさせます。おけいこボード、数字カード等を併用して教科書の具体的な絵からおはじき、おはじきから式と対応させて答えへと進めていきます。答えが10以下の計算は容易です。くりあがり・くりさがりのある計算は、ブロックを用いた方がわかりやすいので場合に応じて使い分けましょう。ノートを用いて反射的に答えが言え、書けるまで練習することも大切です。
新学期イメージ
 
 
copyright