HOME
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ  
製品紹介
幼稚園・保育園用品
小学校用品
中学校用品
会社案内
リンク
代理店のホームページ
役立つリンクリスト
> HOME > [製品紹介] 小学校用品 ー算数さんすうぼっくすとけい・とけいりんぐ
さんすうぼっくす とけい・とけいりんぐ
◆教材の利用方法を掲載しています◆
分刻み機構を備え、何時何分の時刻合わせがとてもしやすい時計です。
とけい・とけいりんぐ
 

分刻み機構を備え、何時何分の時刻合わせがとてもしやすい時計です。
時計は新しい学習指導要領では、1年生からの内容となっています。
時刻の読み方を知り、時間の感覚を身につけることは、1年生からの家庭と学校生活の基本となり、とても大事なものです。

  誠文社の新しい時計は以下の特長があります
1. 長針は一分刻みです。何時何分の合わせやすさは従来品とは格段に違います。
2. 時と分のリングはカラー仕上げで読みやすく、鉛筆で記入もできます。さらに付け外しができるので、学習段階に応じた利用と活用ができます。
3. 読みやすい角度にできる首ふりスタンド式。最大にスタンドを倒せば絶対に倒れない状態で使えます。
4. 大判で読みやすい文字盤。
5. 針が滑らかに回転するように、ギアーには特別にPOM樹脂を用いています。

この教材をつかった指導方法
 
  時計の読み方
時と分のリングを付けた状態で、児童に時計の針を好きな時刻に合わさせて、何時何分かを読ませる練習を繰り返しします。
時と分のリングを外させ、何時何分を指定して、それを作らせます。作ったら時と分のリングを付けて正しいかを確認させます。
ボードマーカーを使って、時と分のリングに分をチェックしながら数えさせます。分の確認と量を認識できます。
指定した時刻から何分後の針の位置を、時と分のリングに記入させ、実際に針を回して正しいかを確認します。
ある程度読めるようになったら、リングを外して練習させます。

 
時間・時刻の認識をもたせる
<時間の概念の理解>
日常生活に関連付け、時刻・時間に関心を持たせるようにします。起床時刻、朝食時刻、登校時刻・・・など、時計を利用し、家族と協力して一日の生活ごよみを作りましょう。こよみができたら、起床―朝食の時間、朝食―登校の準備時間などの所要時間を時計の針を回して考え、生活ごよみの中に記入していきましょう。
ご家庭でも、規則正しい生活を送らせるため、自主的な生活を送らせるため、おおいにご活用ください。
新学期イメージ
 
 
copyright