HOME
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ  
製品紹介
幼稚園・保育園用品
小学校用品
中学校用品
会社案内
リンク
代理店のホームページ
役立つリンクリスト
> HOME > [製品紹介] 小学校用品 ー算数さんすうぼっくすかぞえぼう組棒50型/かぞえぼう組棒40型/かぞえぼう組棒100型
さんすうぼっくす かぞえぼうとケース
◆教材の利用方法を掲載しています◆
※セットにより内容が異なる場合があります。
かぞえ棒とケース
かぞえぼうは各学年の教科書で広く使用される教具のひとつです。数をかぞえる学習にはもちろん使いますが、図形作りにも、長さくらべ、立体図形作りにもつかえます。
ケースのふたは、かさ比べ、デシリットル、ミリリットルの授業に使える計量容器です。

この教材をつかった指導方法

かぞえ棒とケース  
数をかぞえる練習
<100までの数を理解する>
まずは10まで数えます。読み方とかぞえぼうをきちんと対応させて数えられるようにしましょう。以下、20まで、30まで、…と100まで広げていきます。このときに、9の次は10、というところで10のモデルを活用して、10づつの数の概念づくりも進めるようにします。また10のモデルを使って11・12…、21・22・23…などの数え方をする練習もしましょう。
かぞえぼうとおはじき、おかねを対応させる練習や、数図カードや数字カードと対応させて並べる練習も、同様に重要です。様々なものと組み合わせてかぞえる練習をすることで、数字を自然に数えられるようにすることをめざします。

   
数あてゲーム
<数の合成・分解を認識する>
数本のかぞえ棒を手に持って本数をあてさせるゲームをします。
例えば、「ここに3本あります。全部で8本もっています。かくしているのは何本ですか」「3本もっています。4本かくしています。全部で何本もっていますか」など、質問して答えさせましょう。このようなゲームを通じて数の成り立ちや、組み合わせへの認識を深めます。

   
ケースで量る
<かさに対する認識をもつ>
ケースのふたは、dlます(目もりつき)になっています。びんやすいとうのかさ比べに使います。実際にケースを用いて容量を量ってみることで、かさの多い、少ないなどの認識を持つことができるようになります。
容量は正味1デシリットルになっていて、量りやすさが特徴です。また、目盛りもついているので、ただかさを比べるだけでなく、デシリットル、ミリリットルの授業でも利用できるようになっています。

かぞえ棒とケース  
構成遊び・図形作り
<想像力を伸ばす>
かぞえぼうを用いて自由に図形を作らせます。自由な発想でものや形を作らせることを大事にしましょう。
しばらくしたら、条件を出して、それをもとに形を作らせます。3本で、4本で…と条件をつけてあそばせましょう。条件をつけることで辺や頂点に対する基礎経験も養えますし、思考力もアップします。
新学期イメージ
 
 
copyright