HOME
サイトマップ プライバシーポリシー お問合せ  
製品紹介
幼稚園・保育園用品
小学校用品
中学校用品
会社案内
リンク
代理店のホームページ
役立つリンクリスト
> HOME > [製品紹介] 小学校用品 ー算数さんすうぼっくす両面ぶろっく
さんすうぼっくす 両面ぶろっくック
◆教材の利用方法を掲載しています◆
※セットにより内容が異なる場合があります。
両面ぶろっく
表と裏とで色の異なるブロックです。ブロックを並べるスライドサックケースが付属しています。
ブロックはすべての教科書で初期指導から重用します。さらに、くりあがり、くりさがりの計算指導でも重要な役割を果たします。ブロックで基本を学び、計算カードを用いて学力をつけます。
表裏の色の違いは、たしざん、ひきざんでの使い分けをしたり、裏返し操作で10までの数の補数関係を作ることができ、その理解を助けます。

この教材をつかった指導方法
数をかぞえる練習
<数字を正確に覚える>
まずは、ブロックを並べながら1つ、2つ、3つ…とかぞえる練習をします。
次に、おはじきやかぞえぼうと対応させながら、1つ、2つ、3つ…とかぞえる練習をします。読み方と個数が確実に対応しているかチェックしながら数えさせましょう。
それができるようになったら、ブロックを反転させて、並べさせたものから3番目、4番目―と指摘させ、順序を意識させましょう。表と裏で色が違うので、どのぶろっくを裏返したかが一目でわかるようになっています。

両面ぶろっく  
数の合成と分解の練習
<10までの数の構成を理解する>
合成とは、2つ以上の数を合わせて1つの数をつくることです。
スライドサックケースに、ブロック一個を入れ、あと何個でいっぱいになるか考えさせます。おはじきやおはじきケースを併用し、10は2と8、3と7、4と6…でなりたっているという判断が即座にできるように練習します。6、7、8、9と、他の数についても同様に練習させ、理解を深めましょう。
分解とは、1つの数を2つ以上の数に分けることです。
スライドサックケースにブロックを入れ、数えさせます。いくつかをスライドさせてとりだし、ケースの中の残りは何個か考えさせましょう。この操作を通じて5は1と4、2と3に分けることができるということを理解させます。この練習も6、7、8、9…と進めていきましょう。

両面ぶろっく  
10の補数を言う、書く訓練
<補数を理解する>
この場合の補数とは、ある数の、10に対する補数をさします。たとえば、10の、7に対する補数は3です。これを教えるのに、以下のようなゲームをします。
スライドサックケースに、ブロックを10個入れて最初だけ確認させます。次に、いくつか分をひき出し、残りの数をあてさせます。
おけいこボードの上にいくつかのブロックを置き、すばやく数えさせ補数をあてさせます。
くりあがりのたし算は補数が重要な役割を果たしますので、完全に身につけさせましょう。
思うように言えない子どもには、補数を覚えるための練習カード(全9枚)を作ってやり、即座に言えて、書けるように練習しましょう。用意したカードをフラッシュさせてぱっと見せて、パッとひっこめる)をして練習させると、完全に力がつきます。

両面ぶろっく  
くりあがり・くりさがりの練習
<くりあがり・くりさがりを覚える>
10の補数がすばやく言えるようになったらくりあがり・くりさがりの練習をします。
例えば7たす5を例に出して説明します。7に3をたすと10、5から3を取るとのこりは2、10と2をあわせると12になる、という基本の流れを、ブロックを用いて教えます。
算数嫌いは、ほとんど、このくりあがり計算のつまづきから生じます。逆にいえばくりあがり、くりさがりの計算ができれば「算数大好き」となれます。根気よく練習しましょう。
新学期イメージ
 
 
copyright